暇つぶしのはずだったモバゲーでの恋愛

"友達に誘われて「モバゲー」に登録したものの、しばらくは利用することはありませんでした。

この当時は、まだモバゲーも初期のころで今ほどゲームも多くなく、たまに覗く程度でした。

しかしケータイ小説が流行りだして、私も暇な時に小説を読み始めるとハマっていきました。

そんな時、モバゲー内のミニメールが届いたんです。
いつもなら友達登録もしていない人からミニメールが来ても無視していたのですが、何気に読むと 同じ県に住んでいるということで気が緩んだのか相手のプロフィールを確認してから返事をしちゃってました。
最初は、このサイト内だけのことだし暇つぶしの遊びみたいな感覚だったと思います。

何回かメールをしていると、偶然同じ市で隣の校区に住んでいることが分かったんです。
そうなると、親密感がわいてお互い更に盛り上がっていきました。

ほぼ毎日メールをし、ミニメールだけではなくケータイのアドレスを交換してケータイでもやり取りするようになっていきました。

数週間後には写メも交換し、電話もするようになっていました。 ただの暇つぶしだったはずが、いつの間にか夢中になっていました。 メールが来ないと寂しくなったり、声を聞くと安心したり。 完全にこの時点で好きになってしまっていました。

声を聞いたり、写真をみたりすると会いたいと思うことは自然でお互い電話やメールで会いたいねという話題が出るようになっていきました。

なので、お互いの都合が良い日に会った時は緊張はしましたが、やっと会えたという 気持ちの方が大きかったです。

その後は自然にお付き合いが始まり、今は別れてしまいましたが思い出となっています。 "


>>ネット恋愛体験談の一覧へ


▲ページの先頭へ