ネット恋愛マニュアル【Part.7】ネットで知り合った人と実際に会う方法

順調に関係が進展してきたら、
写真交換を経て実際に会うことになります。

ネットで知り合った人と会うまでの期間は、
個人差も大きくて平均値を出しにくいのですが、
例えばネット婚活サイトなどでは、
だいたい2週間〜1ヶ月ぐらいで会うのが普通。

メールのやり取り数で表すと、
10往復〜30往復ぐらいでしょうか。

誘い出す方法として昔から使われている古典的な手口は、
何かをダシに使うこと。

「おいしいお店を見つけたから今度どう?」
「来週コンサートあるよね。一緒に行かない?」
「ボクの本貸してあげるよ。どこで落ち合おうか?」

こんな感じで会う理由を別に作ります。
相手にしたら精神的な負担がかなり軽減させるので、
会ってもらえる確率はグーンとアップします。

「会ってくれたってことは、ボクのこと好きなんだね?」と迫られても、
「いや、コンサートに行きたかっただけだから」
「本を貸して欲しかっただけだから」
と、逃げることができます。

こうして何かを言い訳に会うことを提案するときは、
当然事前の仕込みが重要になってきます。
いずれ食事で誘い出すつもりなら、
メールや電話などで食べ物の話題を振っておいて、
「このあいだ話していたお店だけど、今週ふたりで行ってみない」
という感じで後日誘います。

会うのを断られる理由は信用出来ないから

関係が順調に進展していれば、
デートの誘いはそうそう断られたりしません。

しかし実状はどうかというと、
ネットで知り合った人に誘われても、
合わないまま終わらせる女性がとても多いです。

そうなってしまう最大の原因は、
相手を信用できないから。
ネット恋愛マニュアル【Part.3】まずやることは相手の信頼を勝ち取ることでも書きましたが、
ネットでの出会いで鍵となるのはやはり信用なのです。
これをいかにクリアするかが一番の課題です。

相手を気遣うことで誠意を見せましょう。
焦らずにひとつひとつステップを踏んでから誘いましょう。

上手くいかないときはこうした基本に立ち帰ることです。


>>次のページへ




▲ページの先頭へ